どの業者も「今、契約を」と言ってくる

簡易査定後に実車査定を受ける段階になると、どの業者も「今、契約を」と言うものです。すぐに決めてくれれば査定額に上乗せしますという形の熱いトークが始まるのですが、即断するのは間違いです。多くの業者に見積額を競ってもらうことが高値売却の秘訣だからです。複数の業者から見積りをとることを第一に考え、材料が手元にそろってから次の交渉段階に進めばいいのです。けして焦りは禁物です。改造車というのは中古車査定では不利と言われますが、一概にこうだと言い切ることはできません。もし改造に使用したパーツが市場でも人気の品物なら評価としては若干プラスになるかもしれません。但し、肝心のパーツが傷んでいたりすると中古車市場に出す前に業者が補修する必要があるので、逆にマイナスをつけられる可能性もあります。それとは別に、ユニークすぎるものも買い手がつきにくいので、持ち主がかけたコストにかかわらず減点になります。減点対象は少ないほど良いので、改造車は極力ノーマルの状態にして査定を受け、パーツはパーツで処分したほうが良い結果を得やすいでしょう。今乗っている車を手放したいと思っても、査定目的で業者のところに直接、車で行こうというのは無茶としか言いようがありません。他店での価格や市場相場に疎い状態で行くわけですから、もし損をしていたとしても気づかずに売ってしまうことだってあるでしょう。考えられる利点というと、「スピード」の一点に絞られるでしょう。店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、あらかじめ書類を整え、必要に応じて実印や印鑑証明も用意しておくと、乗り付けた日のうちに契約なんてことも充分可能です。車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、新しい車が納車されるまでの間に車がないなどという事態もないので安心ですが、下取りに出す代わりに自分で買取業者を見つけて売却する時は、間があくことも想定されます。日常的に車を使う人は、査定士を派遣してもらう以前に電話などで代車を利用する可能性があることを伝えておく必要があります。同じ業者でも店舗が違うと代車がないこともありますから、早いうちから確認しておくことが大事です。国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の相談が寄せられています。近年はとくに売却(買取)絡みの電話が多く、全体に占める割合も増えています。内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、夜間や仕事中にも電話がくる、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、消費問題に詳しいプロなどに話してみるようにしましょう。中古車屋の査定というのは、公平な査定を期するために標準的な状態をベースにしたチェックリストがあり、ここはマイナス、こちらはプラスといった具合に客観的な値付けが行えるようになっています。減点評価が免れないものは、外装のヘコミ、キズ(大きなもの)です。ただ、あまり気にして自分で直そうと思ってしまうと、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ない状況にもなり得ます。自動車修理の実績と道具があるのなら別ですが、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。車の査定依頼を中古車販売店にする場合は、お金をとられることはまずありませんが、買い替えでディーラーによる下取りが行われる場合には、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、中古車買取業者のときと同じ気持ちでいると、忘れがちなことですので、査定手数料が必要なのかどうか契約前にはっきり聞いておくべきです。有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていれば交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。査定に訪れた業者から高額査定を受けるにはコツというものがあります。営業マンの目的といったら契約にほかなりませんので、提示金額次第ではここで契約してもいいという気持ちがあることを相手に理解させるのです。営業マンとしても早く契約を決めて車を引き取る日取りがわかれば、今後の販売プロセスがはっきりするので、提示価格への上乗せを求めてもスムーズにいく可能性が高くなるのです。中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のためにけして疎かにしてはいけない点があります。当然のことながら、あらかじめ契約書をよく読んでおくことです。細かい文字まで読まないという人も多いですが、契約書というものは判を押した時点で効力が生じますし、了解したものという扱いになります。営業マンの口約束と契約書の内容に差異はないか、特に金額に関する文言はしっかり目を通す必要があります。口約束は契約書の前には無力ですので、すべて目を通した上でそれで良ければハンコを押すようにしましょう。急かす業者は論外です。売ろうと思って見てみたら、スリップサインが出るほどタイヤが古びていたというのはよく聞く話です。しかしわざわざ査定の前にタイヤを新しくする必要はありません。いかなるタイヤであれ消耗品であることに違いはありませんし、売却後に業者のほうでタイヤを交換することもザラですから、投資するだけもったいないです。そういうわけで、タイヤの劣化が査定額に与える影響は所有者が思っているほどは「ない」ということです。せっかく交換しても査定額アップは期待できないですから、掃除するだけに留めるほうが無難です。

チェック⇒故障車 買取相場